相続関係図

相続人関係図とは、亡くなった方(被相続人)の相続人が誰なのかを図式化したものです。

相続人と被相続人の関係性が可視化されるため、相続に必要な戸籍の収集が効率的になります。
金融機関などでの相続手続きにも利用でき、遺言書の検認を受ける際にも円滑になるため便利です。

 

相続人関係図を作成する上でのポイント

誰が見ても一目でわかること

相続人関係図は被相続人と相続人の関係性を目に見える形で図式化することに意味があります。
したがって、明瞭かつ誰にでもわかるものを作る必要があります。

 

登記された住所・氏名が一致していること

「登記されている住所が該当する相続人と一致しているか」「相続人の氏名(漢字の表記など)が間違っていないか」を確認します。

 

戸籍・相続証明書等の相続証明書類と関連性があること

相続人関係図は戸籍・相続証明書等、各種証明書類を基に作成する必要があります。

 

 

当センターでは相続人関係図の作成サポートも承っております。
相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

Img6.jpg

Copyright © 税理士法人ユース会計社 All Rights Reserved.