• HOME
  • 相続財産を分ける

相続財産を分ける

相続人が確定し、財産の概要が見えてきた後は「どう分けるか」を決める必要があります。

相続において最もデリケートなのが、この相続財産の分け方です。


法定相続通りに財産を分割するケースは極めて稀で、話し合い=遺産分割協議によって分割するケースがほとんどです。

当然、相続人それぞれに思惑がありますので、この遺産分割協議を円満にまとめるのはなかなか難しいのが実際です。

こちらでは、遺産分割を行う上での注意点や進め方をご説明します。

 

 

遺産分割の方法   詳しくはこちら>>

相続財産を分ける方法は主に3種類あります。
これは、法定相続の場合であってもそうでなくても考えられるアプローチですので、一度ご確認ください。

 

遺産分割の対象となる財産   詳しくはこちら>>

預貯金、土地、株式、さらに車や家具以外にも、相続財産は多岐に渡ります。
また、遺産分割の対象とならない財産もありますので、事前にご確認ください。

 

遺産分割協議   詳しくはこちら>>

遺言書がない場合、相続人全員が相談をして相続財産の「何を」誰が」相続するかを決めます。
この話し合いのことを遺産分割協議といい、相続においては最もトラブルになりやすい段階です。

 

遺産分割協議書   詳しくはこちら>>

遺産分割協議で決定した遺産分割の方法や金額を記載した書類を遺産分割協議書といいます。
遺産分割協議書を作成する上での注意点や雛形をご紹介します。

 

 

Img6.jpg

Copyright © 税理士法人ユース会計社 All Rights Reserved.