相続税の修正申告

相続税の申告書を提出した後に、申告金額が少ないことに気付くことがあります。
たとえ故意によるものでなくても、税務署に指摘されてからでは加算税を課されてしまいます。
過少申告に気付いた場合は、速やかにその旨を税務署に連絡し修正申告を行って下さい。
修正申告書は税務署に用意されており、税務調査による更正の通知が来る前であればいつでも提出することができます。
 
修正申告をきちんと行っていれば、加算税を課せられることもありません。

相続税の場合は、修正申告書に修正前と修正後の金額とその差額を記載します。
これは相続税の計算方法の性質上、遺産総額が変動することで、相続人全員の税額が変わってくる可能性があるからです。
Copyright © 税理士法人ユース会計社 All Rights Reserved.