• HOME
  • 解決事例
  • 暦年贈与(110万円)の範囲内で株の贈与を行った事例

暦年贈与(110万円)の範囲内で株の贈与を行った事例

状況

・父(会長)及び母が高齢のため、将来事業承継する孫に自社株を贈与し、経営権を譲渡したい

 

ご提案と解決

暦年贈与(110万円)の範囲内であれば、贈与税はかからないと説明しました。
 
また、贈与税率の一番低い税率で贈与すれば、贈与税は納付になりますが、株はより多く贈与できるとご説明しました。
 
関係図No.7.png

父母及び子と話し合いの場を設けて頂き、結果、暦年贈与(110万円)の範囲内で株の贈与を行うことにしました。

 

専門家よりコメント

3年以内の贈与に相続があった場、それを財産に含めて申告しなければなりませんが、贈与税を納めていれば相続税納付時に支払った贈与税を控除できます。

 

 

熊本あんしん相続センターの相続解決事例

株式と土地の譲渡により節税した事例

 

株・土地の贈与により節税した事例

 

納税資金対策として保険を活用した事例

 

生前贈与で1億円以上の節税した事例

 

暦年贈与(110万円)の範囲内で株の贈与を行った事例

 

土地評価減により130万円節税した事例

 

評価証明及び明細書を作成して評価減を適用した事例

 

小規模宅地の特例を適用し、遺産分割協議を実施した事例

 

生命保険・年金契約を活用した事例

 

特定居住用宅地の特例を適用した事例

 

暦年課税の基礎控除利用により節税した事例

 

Img6.jpg

Copyright © 税理士法人ユース会計社 All Rights Reserved.